ライフ&キャリアコンサルティング

ライフ&キャリアアドバイザーと講師は学び続け、選択肢を提供することが使命です。

ライフ&キャリアアドバイザーとして大切にしているのは、おひとりおひとり課題、環境、問題のお話しを伺うこと。そして、アドバイザーとしてもその道における「人生」での情報や経験や知識、謙虚さ(選択をするのではなく選択肢を提供するなど)が必要であるということです。

 

私自身が不完全であるからこそ世界情勢や日本社会問題などの情報を随時取り入れ(インプット)、改正されていく法律や制度にも目を配り、クライアントさんや学生さんのおひとりおひとりの背景や課題、痛みなどを抱えた際、救いや解決することを目的に沿った行動に謙虚に対応することが必要だと思っています。

 

その為には、年齢や性別、立場を(無意識でも)判断するための判断力、雑談力も必要ですし、逆算スケジュールを提示する力も必要だと思っています。

 

一切不要なことは、アドバイザーが一方的にアドバイスをすること。
つまり「評価者」「批評者」であってはならないと思っています。

 

私は、まず「お話ししていただくこと」を重点に置いています。
お話しをしていただくためには信頼関係が必要であると思いますが、このページをご覧いただいているのは、2つの理由が存在するのではないでしょうか。

 

1つは現在のアドバイザーに満足していない。2つめは、私、平野亜希に話してもいいかな、話したいな、と思っていただけるような気持ちで居られるのではないでしょうか^^

一般的に「キャリアカウンセリング」などに使われている「カウンセリング」は「精神的に弱い人」「心の病の人が受診する」と日本の文化では捉えがちのように思います。

 

私自身の「カウンセリング」観は「お話しを聴く」「信頼関係を構築していく」という位置づけです。だからこそ「キャリアコンサルタント」の「コンサルタント」観は、「導く人でありたい」という位置づけです

 

私は「感じる心」を一番大切にしています。
だからこそ、おひとりおひとりが人生(ライフ)でも使える処世術も提供していますので「ライフ&キャリアアドバイザー」という名称で活動しております。

 

これまで出会ってきた方々で多いのは「ご自身が思われているネガティブは、他人や世間の評価や価値観ではなく、ご自身の価値観によって、ご自身を評価している」ということです。

 

例えば、「浪人してまで入学した大学がこんな大学と思われている」「留年したのは遊んでいたと思われる」「学生結婚したから就職先は少ない」という場合であれば、お話しを聴くと「20歳前後の若者が大人たちに言われた経験によってご自身を罰している」ことがほとんどです。

 

でも、お話しを進めていくと、実は友人との交友関係、サークル、アルバイトなどですでに「向き合ってきたこと」「経験を積んでいる」ということがほとんどです。 それをお話しいただき、ネガティブを「強みに変える」ことを提案(アドバイス)しています。 アドバイスは浪人や留年のみを強みに変えるだけでなく、「考え方の軸」や「思考の幅を広げる」を行い、広く多くの視点から考えることができるようにしています。

 

なぜそれができるのか。
それは、人が幸せに生きていくことに重要な『人、お金、モノ』を私自身が人生を通して経験しているということです。 銀行員、人事労務、書類選考・最終面接官、研修講師、管理職の経験とさらに成功し続けている経営者たちとの交流がその礎です。

 

インプットを日々行っているから、真のアウトプットができる。

 

若者の人口が減っていくと問題になっている現代において、従業員がイキイキする職場を目指す意識・行動改革研修を提供する強みもある私です。
若者が入社後幸せが描ける職場に出会えるようなことも見据えることもできる、処世術を知ることができるというライフ&キャリアアドバイザー・平野亜希を誕生するに至りました。これは私一人の経験だけでなく、それを活かすことができている出会ってきた方や交流をしている皆さんのおかげです。

 

弱みやネガティブを強みに替えると意識も行動も変わり、自分が未来の自分に期待できるようになります。それを何度も経験し、自信が繋がる。 自信に繋がれば弱みやネガティブを向き合うことができ、『真の向き合う理由』を知り、向き合うことができるのです。

 

『真の向き合う理由』。
それは「将来、出会う人の力になる」です。目の前のネガティブを強みに変える考え方に触れることを知り、何度もトレーニングを積み、自然とできるようになり、将来出会う人を導くことができることに繋がる。軸を自分ではなく自分以外に向けることで、向き合ったり、頑張れる人が多いのです。とても純粋で素晴らしいです。この感動の瞬間に立ち会えることが私の宝です。

 

アドバイザーやコンサルタントが評価者や批判者になることは『自分の立場を優位にする』だけで何も生まれないことが多いと思っています。だからこそ、年齢に関係なく、人格を尊厳し、将来いかなる出来事に選択ができるよう『考え方の軸』で導くようにしています。そして、気持ちを代弁すること言葉をあえて声に出すこともします。

 

だからこそ、愛が溢れる大人に出会ってほしいので、私が提供している『内定を勝ち取れるライフ&キャリアアドバイス』は、高校生から受けていただくことを目標にしています。

 

例えばスポーツ推薦で企業まで進む場合、選手を引退した後のことを高校生や大学生のころから知ることと、引退後に考えるのとでは『時間』という味方がつけられる、つけられないということが選手のその後の人生を左右すると言っても過言ではないからです。

 

血の繋がっている保護者、監督やコーチと選手の関係ではなく、ライフ&キャリアアドバイスのプロフェッショナルとして、現在も教育機関で活動をしております。


教育機関で着任5ヶ月で口コミで満席を達成しており、担当すると内定率100%を達成する実績を得ています。
目の前の内定ではなく、若者ひとりひとりの課題や背景を引き出し、若者が笑顔で明るく将来の夢や目標を描ける内容を提供しています。より多くの人々が心身ともに幸福な毎日を過ごせるよう「時代に合った、先を見据えた働き方」を追求しております。

 

提供している内容(一部)と年代をご紹介します。

  • 自己分析・業界研究が30分で楽しくできちゃうコツを伝授!
  • 自己分析・業界研究してたつもりがやりたいことを見つけちゃえるコツを伝授!
  • 100社に応募書類を提出するんじゃない!たった1枚の応募書類で内定勝ち取る方法!
  • 内定勝ち取る応募書類を書くコツを伝授!気づいたら面接もできるようになってる!
  • 自分の夢や目標を叶える職場を見つける5つの方法!
  • スポーツ選手たちの第二の人生を考えるのは選手時代から!

 

  • 大学1年生~大学4年生
  • 新卒・第二新卒
  • 育児がひと段落したママさん
  • 再就職・転職希望の20代・30代

 

 

個別相談が満席になるまで

2017年  5月 総数   20名(指名 0名)
2017年  6月 総数   70名(指名 0名)
2017年  7月 総数 103名(指名 0名)
2017年  8月 総数   14名(指名 0名)
2017年  9月 総数   57名(指名 1名)
2017年10月 総数   37名(指名 4名)
2017年11月 総数   30名(指名17名)※内、増席 3席
2017年12月 総数   47名(指名40名)※内、増席 5席

※教育機関1社

 

 

 

現在、無料メルマガ、動画(Youtube)を準備しております。

(来年早々に公開予定で現在準備中です)